2018-01-26

EQを高めるケンハモを活用した情動教育の可能性

ケンハモを活用して音楽をもっと身近に楽しむ
~音楽で心豊かに人生を彩る実践アイデア~
ケンハモ活用ノートP05
EQを高める情動教育とケンハモの可能性

ケンハモ(鍵盤ハーモニカ)を活用してEQを高める情動教育の可能性について考察してみたいと思います。

《参考書籍》
EQ 心の知能指数
筆者:ダニエル·ゴールマン博士

この書籍によると。

知性には2種類あります。

考える知性(IQ)
感じる知性(EQ)

人間が社会で活躍し幸せに生きて行くうえで、IQが役立つ場面はたかだか二割。あとはEQで決まる。と博士は断言しています。

EQが低い人は人間関係でのトラブルを多く引き起こす傾向があることに対して、EQが高い人は
大切な人間関係をうまく育てることができるとのことです。

「情動の知性」であるEQは以下の5つの能力で説明されています。

①・自分の本当の気持ちを自覚し、尊重して、心から納得できる決断を下す能力(自己認識)
「自己認識の定義」byジョン・メイヤー博士 
自己認識とは、自己の気分を認識し、また、その気分に対する自己の思考を認識すること

②・衝動をコントロールし、不安や怒りのようなストレスのもとになる感情を制御する能力(自己統制)

③・目標の追求に挫折したときでも楽観を捨てず、自分自身を励ます能力(動機付け)

④・他人の心の奥にある感情を感じとる共感能力(共感)

⑤・集団の中で調和を保ち、協力しあう社会的能力(社会的知性)


情動の①自己認識(自分自身の気持ちかわかっていること。)や②自己統制のような自分自身なや対する理解から始まって、自信がつくことで③動機付けから他人に対する理解すなわち④「共感」へと発展していき、最終的に実社会での集団での調和⑤社会的知性につながるとこのとです。

④の「共感」と音楽の関係について
博士によると、
感情は、言葉より言葉以外のしぐさで表現されるほうがはるかに多い。他人の気持ちを感じとるカギは、声の調子、身ぶり、表情など言語以外の伝達手段を読みとる能力だ。とのことです。

つまり、言語以外の伝達手段を読み取る能力を向上させる学習に音楽はとても効果的であり、
音楽学習に最適な楽器であるケンハモは、EQ向上にとても役にたつ楽器であることがわかります。

学校での集団行動はもちろん、実社会では、ひとりですべてをこなすことはできません。必ず、他人と関わっていくことが必要です。
社会で上手に人間関係を処理するための知性=社会的知性を構成する要素が以下になります。

⑤社会的知性を構成する4つの要素

組織力:組織をつくりあげて調整するリーダにかかせない能力

交渉力:組織内の問題を未然に防いだり、解決したりする能力

連帯力:人と心を通わす能力。他人の関心をつかみ同調する力

分析力:他人の感情や関心、動機を洞察する能力


国立臨床幼児教育センターが発表した報告書は、学校の成績が伸びるかどうかは知識の蓄積や早熟な読解能力よりもむしろ情緒的·社会的能力による、と指摘しています。

幼児教育センターのでは、これら大切な能力を7つの要素に分けて列挙しています。

1自信:
2好奇心:
3計画性:
4自制心:
5仲間意識:
6意思疎通能力:
7協調性:

つまり、
自信や興味があること。自分にどのような行動が期待されているかを知り、衝動をコントロールできること。待てること、奉仕できること、先生に助けを求められること。自分の要求を表明しつつ他人と仲良くできること-こうした能力のほうが重要だ、と指摘していることになります。


学校と家庭と地域社会が連携することが大切!

情動教育に関しては、
学校教室だけでなく、家庭と地域社会とがしっかり手をつなぎあって協力体制をとることが大切です。
そうすることによって、子供が情動教育で習った内容は学校だけにとどまらず、毎日の暮らしの中で試され、実践され、磨かれていきます

情動教育は子供の人生を豊かに充実させる力になります。自分の役割をしっかり果たすのに必要基礎を作るきっかけになります。

情動や社会生活の技術は、問題児だけでなくすべての子供の役に立ちます。人生の予防接種のようなものです。byティム·シュライバー

けんはもプロジェクトは、地域社会の一員として
鍵盤ハーモニカという楽器を活用して情動教育の新たな可能性を追求していきたいと思います。

2018-01-23

世界中の英知をケンハモでわかりやすく

ケンハモを活用して音楽をもっと身近に楽しむ
~音楽で心豊かに人生を彩る実践アイデア~
ケンハモ活用ノートP04
世界中の英知をケンハモでわかりやすく理解

(表現力+調和力+創造力)=心豊かに生活する力

前回の記事では、情報社会から知識社会に急速にシフトしている現代を、
ストレスなく心豊かに生きるために、音楽の力を有効活用して、身につくスキルとして、
「表現スキル」「調和スキル」「創造スキル」の3つをとりあげました。
前回の記事参照→ケンハモを活用して身につく3つのスキル

音楽や演奏に関する本だけでなく、世界中の名書を参考に、その本のノウハウのエッセンス部分を、音楽表現に応用・昇華して、さらに、ケンハモを活用することで、
誰にでも再現する試みを記載していきたいと思います。

「表現スキル」「調和スキル」「創造スキル」に関するさまざまなノウハウを音楽に応用・昇華する理由は簡単です。

世界中の英知といわれるノウハウの多くは、言葉で説明することが非常に難しい暗黙知であることがほとんであるため、その概念を文字情報でわかり、やすく伝えることが困難であることが多いことが理由です。

そこで、言葉にできない、見えない、触れることができない、これらの概念・原理を、
『音』で表現することができれば、誰もが体感理解でき、習得して、実社会に応用ができるのではないかと考えました。

音楽は目に見えないメッセージです。言葉の壁を軽々超えて、伝えたいメッセージをダイレクトに感じることができます。音楽は、音楽教養の有無に関わらず、子供から大人まで、すべての人の心にメッセージを伝えることができます。

そして、「ケンハモ」は、低学年のこどもたちが必ずといってよいほど扱う楽器です。
生まれてはじめて演奏する楽器が学校の鍵盤ハーモニカという児童も実際多いのが現状です。文科省が認めた日本の教育楽器です。
音楽演奏をはじめて学ぶのに最も適した楽器です。
これだけ、音楽全般を身近にわかりやすく学ぶことができる楽器は他にありません


(表現力+調和力+創造力)=心豊かに生活する力
=目に見えない概念・原理→音に昇華する→誰でも体感できる→音楽学習に最適なケンハモを活用→誰でも理解習得できる→実社会で応用できる

つまり、ケンハモを活用することで、世界中の英知をわかりやすく理解・習得できる
(かもしれない)のです。



ケンハモを活用することで身につく3つのスキル

ケンハモを活用して音楽をもっと身近に楽しむ
~音楽で心豊かに人生を彩る実践アイデア~
ケンハモ活用ノートP03

ケンハモを活用することで身につく3つのスキル


ケンハモ活用ノートでは、音楽演奏により習得できる数多くのスキルを、
わかりやすく伝えるために、3つのカテゴリに分類しています。
3つのカテゴリとは、表現スキル、調和スキル、創造スキルの3つです。

それぞれ説明します。

①表現スキル:
与えられた知覚を理解し、それを自発的な行動で表現するスキル。

私たちの脳の大部分を発達させるものは、遺伝や外部からの刺激ではなく、むしろ私たちの自発的な行動表現が大きく関わるという事実は、80年以上も前から神経学者たちは気づいていていました。

知覚を表現スキルが高くなるにつれて、それ自体や関連した知覚をより深く感じ、理解できるという考え方で、教育学博士のウィン・ウェンガー博士が「表現の原理」と説明しており、博士の著書である「The Einstein Factor」の中で、人間のさまざまな意識的活動の中でも最も優れたものであると強調しています。

ケンハモは、鍵盤楽器でありながら、吹奏楽器のように「息を使って」音楽を幅広く表現することができる楽器です。まるで楽器が自分の身体の一部になったように表現することができます。音楽表現技術の習得がそのまま、自己表現スキルの向上につながります。

②調和スキル:
相手の立場になり、他者や集団、背景との調和をもたらすスキル。

ケンハモは1台で音楽の三要素(メロディ、リズム、ハーモニー)を表現できる楽器です。

一人でも演奏することができますが、2人以上のアンサンブル演奏にも適しています。

アンサンブル演奏を通して、コミュニケーション力やチームワーク力、リーダーシップといった、調和のスキルを身につけることができます。

仲間全員がWin-Winの調和がとれないと、よいアンサンブルにはなりません。

相手の表現を理解しながら、自分の表現もしっかり伝える、外向的かつ内向的な「両向型」の思考が必要です。


③創造スキル:
何もないところから、自分や仲間の力で新しい価値を創りだすスキル

私たちが生きている社会はますます加速しています。情報を収集・整理することが付加価値となる「情報社会」から、収集・整理された情報から生み出された新しい気づき・アイデアを実際に行動に移すことが付加価値となる、「知識社会」へ急速にシフトしています。

このことは、ピーター・ドラッカーやアルビン・トフラーをはじめとする高名な学者が40年以上前から「知識社会」の誕生を想定していました。

「AI(人工知能)」もようやく概念論を脱して、現実にその幕開けを体験できるようになってきました。すでにAIが人の代わりになって仕事をする分野が登場してきています。今後、ますます増えることが容易に予想されます。

そうなると、私たち人間にとって、これからさらに必要なスキルの1つが、「0から1を生み出すスキル」と言えるでしょう。

想像力には大まかに2つの型があり、

①改良的想像力:既存の情報を組み合わせて、再構築したアイデア
②独創的想像力:人間の潜在意識から得られるインスピレーションからのアイデア

これらの想像力は使わないことによってその働きは鈍ってしまいますが、

ケンハモ演奏を通した音楽トレーニングによって蘇らせることは可能です。

作曲やインプロビゼーション(即興演奏)といった場面では、音楽的クリエイティブな力が必要です。つまり、これらの経験を行うことにより、確実にクリエイティブな力が身につくということです。

ケンハモで音楽効能を身近に体感する

ケンハモを活用して音楽をもっと身近に楽しむ
~音楽で心豊かに人生を彩る実践アイデア~
ケンハモ活用ノート P02

ケンハモで音楽効能を身近に体感する

ーケンハモの楽器特徴ー

①軽量で児童でも片手で持ち運べる

②鍵盤がついているので音階が視覚的に理解できる

③発音が容易で、すぐに音が出る


このように、ケンハモは場所を選ばずに演奏することができる楽器です。また、すぐに音を出すことができるため、フィードバックを得ることが用意な楽器といえるでしょう。ということは、音楽学習分野以外でも、音楽療法や音楽セラピーの分野から応用して、ケンハモを活用することで、音楽的効能を体感することも難しくないはずです。


音楽を演奏する上で身につく技術は多岐にわたります。表現技術、創作技術、コミュニケーション技術、アンサンブル技術、リーダーシップ、

曲を仕上げるための段取り技術、などなど。

技術以外にも、音楽には、集中力、想像力、同調力などの、脳全体の力を向上させる効果もあると、社会科学の最前線の研究が明らかにしています。

これらの技術・能力は、学校に通う子供たちにはもちろんのこと、

社会で活躍する大人にとっても、これからますます必要なモノになります。

ケンハモ活用ノートでは、音楽演奏により習得できる数多くのスキルを、

わかりやすく伝えるために、3つのカテゴリに分類しています。

3つのカテゴリとは、表現スキル、調和スキル、創造スキルの3つです。

次の記事でそれぞれ説明したいと思います。


ケンハモ活用ノート「3つのカテゴリー」

ケンハモの発祥地は実は日本だった・・?

ケンハモ活用ノートp01
ケンハモは日本発の楽器・・?


ケンハモを活用することで音楽をもっと身近に楽しむことができます。
日本では、ケンハモの名称は文科省から名づけられた「鍵盤ハーモニカ」が一般的です。
メロディオンやピアニカなど鍵盤ハーモニカの製造メーカーによって呼び名は異なりますが、全国の幼稚園・小学校で、鍵盤ハーモニカが児童の音楽学習に取り入れられていることは、良く知られています。

ケンハモの楽器の特徴として、
①軽量で児童でも片手で持ち運べる
②鍵盤がついているので音階が視覚的に理解できる
③発音が容易で、すぐに音が出る

低学年の児童でも音楽学習がしやすいということで、
日本の文部科学省が認めた教育用楽器になります。

一般的にはあまり知られていないことですが、
実はケンハモは日本発祥の楽器です。

日本発のケンハモ(鍵盤ハーモニカ)
世界の鍵盤ハーモニカ第一号となった「スーパー34」Suzuki楽器製作所1961年製


ケンハモの誕生歴史についてもっと深く知りたい方は、参考資料として
鍵盤ハーモニカの始まり(SUZUKI楽器ホームページ)にて詳細が見れます。

50年以上の歴史をもつケンハモという楽器は、
もしかすると日本の文化的な楽器と言っても過言でないかもしれません。






2018-01-01

㊗2018年!!

2018年あけましておめでとうございます。
いつも『けんはもプロジェクト』を応援いただきましてありがとうございます。

昨年は「行動の種を蒔いた一年間」でした。
仕事や家庭で、2017年始から試練続きでしたが、、。

当初は自分自身の許容範囲をはるかに超えた難題で、対処の余地がないと思ってことも、1年たって振り返ってみると、成長させていただくために、必要なことだったんだな。と、思わずにはいられません。今は感謝の気持ちです。

まだまだ、未熟なことだらけですが、けんはもプロジェクトのミッションである、
ケンハモ『鍵盤ハーモニカ』を活用して、調和と創造と笑顔のハーモニーと音楽をこれからもお届けできるように、精進していきたいと思います。

2018年も皆様にとって、素敵な一年でありますように!


これからも、けんはもプロジェクトをどうぞ宜しくお願い致します!

2017-12-22

Best Christmas Songs2018 -Piano Kenhamo- Christmas music box


ケンハモ(鍵盤ハーモニカ)を活用して定番クリスマスソングを演奏しています。
大人も子供も楽しいクリスマス。
インストBGMですので、好きなときに楽しんでください。
それぞれの楽曲はこちらから、、。










それでは、よいクリスマスを☆★


~Facebook~

If you have any questions or  business inquiries, contact us in our website or Facebook page.

Information about that instruments(Suzuki's Melodion W-37,44HP)


http://mp3cut.net/?state=%7B%22ids%22:%5B%221hLhwSCDQTX8_jyZORSB1eDlLRWHwe3Aw%22%5D,%22action%22:%22open%22,%22userId%22:%22115282142833811509893%22%7D


↓↓Translate for your language↓↓